病棟紹介

精神病棟

A1・A2病棟は精神科病棟で、内科的治療を要する患者様が入院されています。
身体面では活発に動かれる患者様も多く、昼夜問わず比較的賑やかな病棟です。患者様と職員の関係が深く、常に声掛けを行い温かい家庭的な病棟づくりを心掛けています。また、ご家族の皆様にも安心していただける環境づくりに日々取り組んでいます。

一般内科病棟

D2病棟は内科一般病棟です。意識障害があり、医療依存度の高い患者様が入院されております。
自ら意思を伝える事ができない方がほとんどであるため、身体の微かな変化を見逃すことがないように、日々看護にあたっております。人としての尊厳を守り、安全で平等な看護が提供できるように、またご家族の気持ちに寄り添えるような看護が提供できるように努めております。

療養病棟

D4病棟には、症状が安定した後も療養を継続する必要がある慢性期の患者様が入院されています。
当病棟では、お一人お一人の生活史を知り、それに沿えるような看護・介護を提供できるよう、日々取り組んでおります。今後も患者様、御家族とのコミュニケーションを通して、より良い看護・介護を考えていきます。

精神療養病棟

D6病棟は認知症の患者様が多く入院されています。患者様とのコミュニケーションを大切にし、信頼関係の構築に努めています。
集団での作業療法や誕生会、野外レクリエーションなど、患者様とのスタッフの交流の場面も多く、明るく賑やかな病棟です。

このページのTOPへ